中国茶TOP 販売情報 販売情報2
冷茶
冷茶












2017正宗明前野生白牡丹

2021初摘高山牡丹王

2021年白牡丹の第一日目に摘まれた最高グレードです。今春の香りは如何に?

>もっと詳しく


2016極品-白毫銀針

2021初芽高山白毫銀針

正宗高山の初摘取第一日の初芽(トップグレード)。今年一番芽の爽やかな香りは如何に?

>もっと詳しく


正宗明前黄山富溪毛峰(特級 Organic)

正宗明前黄山富溪毛峰
(名人製茶)

「国家礼品茶・国家無形文化遺産製茶」中国三大緑茶の一つ。

>もっと詳しく


正宗明前黄山富溪毛峰(特級 Organic)

極品太平猴魁
(純手工)

伝統純手工の最上級茶。扁平で特有の「網目」が特徴。

>もっと詳しく


正宗明前黄山富溪毛峰(特級 Organic)

特級黄山富溪毛峰
(清香型)

「国家礼品茶・国家無形文化遺産製茶」中国三大緑茶の一つ。

>もっと詳しく


正宗明前黄山富溪毛峰明前洞庭碧螺春(特級 Organic)

正宗明前洞庭碧螺春
(特級 Organic)

「国家礼品茶」中国二大緑茶の一つ。春の澄清な香気。

>もっと詳しく


正宗闷黄君山銀針

正宗闷黄君山銀針

献上茶−最高級黄茶の王様。君山島の一番芽、悶黄工程ありの最高級黄茶!

>もっと詳しく


特級東方美人茶(青心大冇)

東方美人(青心大冇)

東方美人の王道種。伝統の香りと味わいを楽しみたい方はこのタイプ。

>もっと詳しく


極品-迎香20

極品-迎香(台茶20号)

標高2300mで育まれた新品種烏龍茶。霧を含んだような清らかさと甘い香気。

>もっと詳しく


梨山包種茶

梨山包種茶

梨山烏龍種で作った新しい包種茶。蘭花香と甘く濃厚な味わい。

>もっと詳しく


梨山烏龍茶

梨山烏龍茶

「台湾高山茶」標高2100mで育まれたフルーティーな香気と味わい

>もっと詳しく


特級 文山包種茶 
         
(Basic)

優良賞-文山包種茶

受賞茶葉。台湾三大銘茶の一つ。 これぞまさに「天下一の清香」!清らかで深く、伸びやかな余韻。

>もっと詳しく


文山包種茶(Basic)
         
(Basic)

文山包種茶(Basic)

2020受賞茶葉。 これぞまさに「天下一の清香」!清らかで深く、伸びやかな余韻。

>もっと詳しく


凍頂烏龍茶(清香型)

清香 凍頂烏龍茶

名人製茶!清らかで透き通った香り。1980年代の凍頂の佳き香りそのまま!

>もっと詳しく


安渓鉄観音(祥華) 
         
(Basic)

高山鉄観音
(正味清香型)

上質清香型。清らかで調和のとれた高山ならではの味わいに 優麗な音韻。


>もっと詳しく


武夷天心正岩 百年老叢水仙

武夷正岩茶 肉桂

4回の炭火焙制を通じ、独特の岩骨、花香を醸し出す。

>もっと詳しく


武夷天心正岩 百年老叢水仙

天心正岩 老叢水仙

天心正岩牌呉三地産の老?水仙。香気は馥郁、味わい芳醇、回味は甘爽。

>もっと詳しく


岩骨花香−SUGOI肉桂(中火)

岩骨花香−SUGOI肉桂(中火)

最高レベルの岩茶。岩茶の誘う異次元の世界を。(年末年始おすすめ)

>もっと詳しく


武夷天心正岩 百年老叢水仙

武夷天心正岩 百年老叢水仙

天心正岩牌呉三地産の老?水仙。香気は馥郁、味わい芳醇、回味は甘爽。

>もっと詳しく


武夷正岩茶 肉桂(

武夷正岩茶 天心岩 肉桂

岩茶の中でも肉桂は香りが高い品種です。透き通る黄金色の明亮な水色。


>もっと詳しく


蜜蘭香 -烏棟単叢茶

鳳凰単叢 黄枝香

単叢の人気品種。黄色い水色。スッキリとしたクチナシ香に、蘭系の甘い余韻。

>もっと詳しく


蜜蘭香 -烏棟単叢茶

蜜蘭香 -烏棟単叢茶

プロおすすめ!濃蜜で幽蘭、香気も高く爽やか。

>もっと詳しく


北タイ百香烏龍茶

北タイ百香烏龍茶

花束を想わせる香りの烏龍茶。クチナシのような甘い香りも。

>もっと詳しく


泰国貴妃烏龍茶

泰国貴妃烏龍茶

北タイの自然が作り出した魅惑の烏龍茶。蜜の甘みと香りが口いっぱいに!

>もっと詳しく


泰国蜜香烏龍茶

泰国美人茶

店主一押し、高級タイ烏龍茶!タイの女神を想わせる高貴な味わい!

>もっと詳しく


安徽省黄山の極品菊花

極品-黄山菊花

一味違う、安徽省黄山の清馨幽香な極品菊花。

>もっと詳しく


高山 白龍珠(七窨)

高山 特殊白龍珠(七窨)

高山ジャスミンティー。高山の芽芯を伝承伝統技術で作る特殊な白龍珠。

>もっと詳しく


特級 蘭花茶

特級 蘭花茶

近年誕生した花茶。新鮮な生の蘭花を茶葉に印花した贅沢なお茶。。

>もっと詳しく


極品茉莉龍珠

極品茉莉龍珠(高山)

透き通るような高い香り。福州の銘産地産の高級ジャスミン。

>もっと詳しく


louts tea

最高級 蓮茶(louts Tea)

天地を結ぶ東洋の香り。王様の為に作られていた最高級蓮茶。

>もっと詳しく


メイグイ花

最高級メイグイ花
(有機)

美しく開く花弁、東洋の品格を感じる香り!

>もっと詳しく


メイグイ蕾花(有機)

メイグイ蕾花(有機)

ほんのり広がる花弁、西洋のバラとは異なる香り!


>もっと詳しく


桂花

桂花(キンモクセイ)

ブレンド用に。甘みのある上品な香りで人気のキンモクセイの花。

>もっと詳しく


苦丁茶

特級苦丁茶 (一葉茶)

中国を代表する苦い健康茶。別名「一葉茶」。うれしいノンカフェイン。

>もっと詳しく


苦丁茶

最高級 青山緑水

最高級品質の苦い健康茶。毎日 苦丁茶 (一葉茶)を飲まれている方へ。

>もっと詳しく


茉莉緑水

茉莉緑水

爽やかで、ほろ苦〜い美容・健康茶(ノンカフェイン)。

>もっと詳しく









冷茶豆知識

アドバイス 2014年世界初!
世界中どこにもなかった「ISHIDA考案の三段分割抽出法」!

夏に遊べる飲み方ご紹介♪
お友達・ご家族の皆さまで、一味違う淹れ方でお楽しみください!
(下段に参考例)


大家族の方、色々たっぷり飲みたい方、茶葉を量ってお茶をいれない方などに
おすすめ♪ 色んな飲み遊びができ楽しめます!
水分補給のためにも、この夏は美味しいお茶を、楽しい方法で、たっぷり楽しんでくださいませ。
※美味しく飲みたい、という方は、工夫式など丁寧な淹れ方でお楽しみください。

ISHIDA式は「ホット、アイスティー、水出し」を、一度に作れる方法です。
更に、この分割抽出法は自由にアレンジすることもできます。
そして、この淹れ方に慣れますと、どんなお茶にも応用できるようになります。

また、ポットが小さく人数分淹れることができないような場合にも茶葉量と抽出時間を分割することで対応できます。

アドバイスアイスティーが好きな人、一年中ホットを飲む人など、好みは人それぞれ。
また夏なると冷茶の作り置きも忙しくなりますよね。 そんな時、是非、このISHIDA式をご活用ください。
美味しく飲むための工夫と、最後の一滴までいただく満足感でいっぱい!

何度もお茶を入れる手間と時間も省けます。 夏季だけでなく、冬季はホットで
応用できます。 皆さんの日常の中で、無理をせず、いつもの道具で、簡単に、
美味しく作ることができます。

---------------------------------------------

基本の分量
●分量が分かる方は、それを基準にしてください
●分からない方は以下をご参考になさってください。
《茶葉3g/熱湯100cc/抽出時間 1分半》
※茶葉・環境などによって味に差がでます。

※日頃、お茶(中国茶・日本茶・紅茶…)を淹れる「感覚」でいれてください。
いつも淹れる適当な感覚(茶葉の量・お湯の量、温度・時間)を思い出していただき、試してみてください。 生活スタイルの中に嗜好の工夫が表れていますので、その感覚を意識しマスターしていただきたいところでもあります。

---------------------------------------------

ご紹介する淹れ方
●3段:「ホット→アイス→水出し」
●2段:「ホット→アイス」
●アレンジ:「ホット→ホット…」

---------------------------------------------

ご用意いただくもの
使い慣れたポット(茶器)・使い慣れたスプーン(計量)・茶葉・沸騰したお湯・氷。
※ポットが小さい場合は、繰り返し抽出されても結構です。
(時間配分はお間違えの無いようご注意ください)
面倒な方は少し大き目を用意された方が良いです。
(茶葉調整ではなく、お湯の量を減らす方法もOK)
---------------------------------------------


アドバイスISHIDA式 3段抽出法(ホット・アイス・水出し)

1、ポットに茶葉を通常の3倍入れます。
(洗茶もOKですが、お湯をかけたら、すぐに捨ててください)
2、ポットにお湯を入れます。
(通常1回分の茶葉を淹れるときと同量)
3、いつもの3分の1の時間で抽出します。

-----1段終了:ホット通常量の出来上がり-----


4 、そのポットに再び通常の2倍のお湯を注ぎます。
5、ホットの5倍の時間で抽出します。
6、溶けにくい大きめの氷を器にたっぷり入れます。
(抽出量と同量orそれ以上)
7、一旦別の器に移しワンクッションおいて、氷の入った器に入れます。

※WクーリングもOK!:急速に冷やすために、氷の入った容器を2つ用意し、抽出したお茶をまず一つ目の容器に入れ、すぐにもう一つの容器に移す。

-----2段終了:アイスティー通常量の2倍の出来上がり-----



8、茶葉に通常分量3杯分の水を入れます。
(お好みに応じて適量でOK!カルキ臭のある水は避けるか処理をしてご使用ください)
9、抽出時間はアイスティーの約10倍〜20倍でOKです。
(常温・冷蔵庫)
※水出しは濃いめに抽出し、後で調整する方が良いかもしれません。

-----3段終了:水出し通常量の3倍の出来上がり-----


アドバイスISHIDA式 2段抽出法(ホット→アイス)

1、ポットに茶葉を、通常の2倍入れます。
(洗茶もOKですが、お湯をかけたら、すぐに捨ててください)
2、ポットにお湯を入れます。
(通常1回分の茶葉を淹れるときと同量)
3、いつもの2分の1の時間で抽出します。

-----1段終了:ホット通常量の出来上がり-----


4 、そのポットに再び通常の2倍のお湯を注ぎます。
5、ホットの5倍の時間で抽出します。
6、溶けにくい大きめの氷を器にたっぷり入れます。
(抽出量と同量orそれ以上)
7、氷が急にとけないように、一旦別の容器に抽出し、ワンクッションおいて氷の入った器にぎ分けます。

※WクーリングもOK!:急速に冷やす方法です。氷の入った2つの容器を用意。抽出したお茶をまず一つ目の容器に入れ、すぐにもう一つの容器に移す。

-----2段終了:アイスティー通常量の2倍の出来上がり-----



★★★参考例:ISHIDA式3段抽出★★★


■3段分割抽出(ホット→アイス→水出し)■
ご用意するもの:茶葉9g・熱湯・氷200ml(g)・300ml以上の茶器・飲むためのカップやグラス

1、温めたポットに同封の茶葉を全部入れます。
(洗茶もOKです。お湯をかけたら、すぐに捨ててください)
2、100mlの熱湯を注ぎます。
3、洗茶をした場合は30秒で抽出します。洗茶をしない場合は40秒で抽出します。
-----1段:ホットの出来上がり-----

4 、そのポットに再び200mlのお湯を注ぎます。
5、150秒(2分30秒)で抽出します。
6、同量(200ml)の溶けにくい大きめの氷を器に入れます。
(抽出量と同量orそれ以上)
7、一旦別の器に移しワンクッションおいて、氷の入った器に入れます。
※Wクーリング(急速冷却)もOK!:氷の入った容器を2つ用意し、抽出したお茶をまず一つ目の容器に入れ、
すぐにもう一つの容器に移す。

-----2段:アイスティー(ホットの2倍)の出来上がり-----

8、茶葉に通常の300mlの水(低温もOK)を入れます。
(カルキ臭のある水は避けるか処理をしてご使用ください)
9、抽出時間は35分。
※3段目の水出しはがぶがぶ飲める薄目のお茶と考えてください。
※水量を減らし後でお好みの味に薄めてもOK!薄い場合には抽出時間を長めにしてください。
※濃いめに抽出したい方は、低温抽出にしてください。

-----3段:水出し(ホットの3倍)の出来上がり-----

※お茶によって味わいが変わりますので、お好みで調整して下さい。


★★★参考例:ISHIDA式はここまで★★★



アドバイス■基本的なアイスティーの作り方■

5-10gの茶葉に対して約1リットルの熱湯で茶を淹れる(プーアール茶などはヤカンで煮出してもOK)。これを耐熱容器に移して冷蔵庫で冷やす。
(※クリームダウン(白濁)を防ぐには氷などを入れて急速に冷やすことが一番です(氷で薄まるのでお茶は濃い目に淹れてください)。タンニンの含有量が多い茶葉に起こりやすい白濁現象ですが特に味に影響はありません。)

アドバイス■基本的な水出し茶の作り方■

水1リットルに対して約5-10g程度の茶葉(お湯で数煎飲んだ後の茶葉でも可)を入れて約8時間(一晩)冷蔵庫で保管。アミノ酸が多く抽出されトロリとした非常にまろやかな味わいになります。 ホットでは味わえない魅力があります。是非一度お試し下さい!特に発酵が浅めの緑茶・ウーロン茶・ジャスミン茶などが向いています。

アドバイス■基本的な冷茶の特徴■

「冷茶」とはアイスティーや水出し茶など、冷たいお茶の総称です。暑い時期はこれを冷蔵庫で保管して麦茶感覚で飲まれるととても気持ちが良いですよ。食事にもよく合います。特に水出しにすると甘みが出やすく刺激成分(タンニンやカフェイン)が出にくくなります。よって味わいは非常にまろやかになって同じ茶葉でもホットとは全く違う美味しさが実現されるんです♪


通常淹れる分量5-10gの茶葉に対して約1リットルの熱湯で茶を淹れる(プーアール茶などはヤカンで煮出してもOK)。これを耐熱容器に移して冷蔵庫で冷やす。
(※クリームダウン(白濁)を防ぐには氷などを入れて急速に冷やすことが一番です(氷で薄まるのでお茶は濃い目に淹れてください)。タンニンの含有量が多い茶葉に起こりやすい白濁現象ですが特に味に影響はありません。)







中国茶の入れ方(淹れ方)動画

動画で観るともっと感じが掴めやすいと思います


中国茶の入れ方(淹れ方)

普段はこれで十分。手間をかけずにカンタンに!

<<<クリックで動画再生



中国茶の入れ方(淹れ方)

最初は指が熱いけど、、慣れてくると蓋碗はとっても便利♪

<<<クリックで動画再生



中国茶の入れ方(淹れ方)

それでは本格的な淹れ方をどうぞ。

<<<クリックで動画再生



中国茶の入れ方(淹れ方)

番外編。これは優れものです!味もGOOD!

<<<クリックで動画再生

※飄逸杯の詳細及び購入はこちら>>茶器



<店主より一言>
中国茶の淹れ方は形式や作法よりも「お茶をなるべく美味しく飲む」為の合理性でいっぱいだと思います。でも中国茶って基本的に難しく考える必要は全く無いと思いますよ。

自己流でも結構。要は美味しくて楽しめればいいのですから。

そしてお客様がいらっしゃるときには、格式ばった作法よりもおもてなしのココロを大切に。


※おまけ:中国茶タイマー 中国茶タイマー(抽出時間を計るのに便利です。)